Jp / En
Follow INSTAGRAM FACEBOOK Twitter

BLOGブログ

2021. 02. 13

冠状動脈心臓病についての結果について 

✴︎冠状動脈心臓病疾患について。

https://www.semanticscholar.org/paper/Differences-in-Coronary-Mortalit-Can-Be-Explained-A-Artaud-Wild-Connor/52ffb934ffeb93bd8976f5ce8a217ab1fc2a3f00

 

この記事の訳です。

何十年もの間、冠状動脈性心臓病(CHD)(英語でcoronary heart disease と言います。略してCHD)の死亡率は、
食事中の
✔︎コレステロールと
✔︎飽和脂肪の
摂取量が同等であるにもかかわらず、

○フィンランドではフランスよりも4倍以上高かった!

このパラドックスに対する潜在的な答えは、40か国のこの研究と、コレステロールと飽和脂肪以外の食事中の他の栄養素の分析によって提供されます。

55〜64歳の男性のCHD死亡率は▶︎▶︎▶︎世界保健機関の年次人口動態統計から導き出されました。

              ▶︎▶︎▶︎食事摂取量は、国連食糧農業機関のデータベースから収集されました。

✔︎コレステロールと
✔︎飽和脂肪の

摂取量を組み合わせた脂質スコア(コレステロール飽和脂肪指数[CSI])を含む、
さまざまなレベルの経済発展と40の食事変数の40か国が調査されました。

 CSIは、40か国のCHD死亡率に関連していたことがわかりました。

● CSI(コレステロール飽和酸脂肪数)が低い国では▶︎▶︎▶︎冠状動脈性心臓病(CHD)による死亡率が低かった。
● CSI(コレステロール飽和酸脂肪数)が高い国では▶︎▶︎▶︎冠状動脈性心臓病(CHD)による死亡率が広範囲に及んでいました。

フランス、フィンランド、およびその他の西側の先進工業国は、同様のCSI(コレステロール飽和酸脂肪数)を持っていました。

✔︎コレステロールと
✔︎飽和脂肪を調整した後、

↓
牛乳と牛乳の多くの成分(乳脂肪、牛乳タンパク質、牛乳からのカルシウム、リボフラビン)と総カルシウムは、40か国すべてでCHD死亡率と➕の関係がありました。

〜〜〜フランスとフィンランドでは、これらの食品と栄養素の消費量に違いがありました〜〜〜

牛乳とバター脂肪(牛乳、クリーム、チーズ、バターからの脂肪)の消費量は、

▶︎フランスよりもフィンランドの方が多かった。

最近CHD(一価不飽和および多価不飽和脂肪酸を含む植物油および植物油)に対して保護的であることが示された植物性食品の消費量は、 ↑いい油のことです。笑

▶︎フィンランドよりもフランスの方が多かった。

!!!フランスがオリーブオイルなどの一価不飽和などの良い植物油摂取が多かったこと!!!ということです。

結論長年にわたり、

✔︎コレステロールと
✔︎飽和脂肪(一般的に悪い脂肪。マーガリンなど)

の摂取量が類似しているフランスとフィンランドでは、

【一貫して非常に異なる冠状動脈性心臓病(CHD)死亡率がありました。】


このパラドックスは次のように説明できます。

コレステロールと飽和脂肪の摂取量が多いことを考えると、
人々が少量の液体植物油を含むより多くの植物性食品を消費し、
より多くの野菜(より多くの抗酸化物質)が冠状動脈性心臓病(CHD)死亡率を低くした国。
一方、
牛乳と乳脂肪は、おそらく血栓症やアテローム性動脈硬化症への影響を通じて、
冠状動脈性心臓病(CHD)死亡率の増加と関連していた。

という結果です。

今日からあなたは何を選びますか?

オリーブオイル
アマニオイル
マカデミアンナッツオイル

そして、野菜中心の食生活。

そんなイメージでしょうか?

では。今日はここまで!
 

FOLLOW